食事?気をつけてますよ。毎日、チャンプルー食べてますから」
病院や地域の栄養相談の場で、多くの栄養士が患者や住民からよく耳にする言葉だ。
だが最近はゴーヤー、キャベツなど季節の野菜1種類と豆腐、脂肪分を抜いた豚肉が入った昔ながらのものではなく、何種類かの野菜を使い、ポークやツナなど缶詰で味を出す場合が多い。その結果、含まれる脂肪も増えてきた。

本来、チャンプルーはビタミンやたんぱく質を含み、栄養バランスのいい沖縄料理のひとつ。浦添総合病院検診センターの医師、久田友一郎センター長も「油の摂取に気をつければ、将来、沖縄を救ってくれるのもチャンプルーだと思う」と、健康を取り戻すきっかけとなりえることも強調する。

「沖縄タイムス」紙 03,06,19
【長寿の島の岐路 84:健康食にも高カロリーより抜粋】


はじめに〜チャンプルーにこだわる理由

戦前から戦後にかけての沖縄では、さつま芋とお汁という組み合わせが常食で、チャンプルーはめったに食べられるものではなかっと記憶しています。当時はたまに食べたチャンプルーは、季節の野菜と豆腐を豚の脂で炒め、それにかつお節が入っていたらいい方でした。そのシンプルな味が忘れられません。

 現在、家庭や食堂で見られる多くのチャンプルーは、そんなシンプルなものではなく、数種類の野菜にポークランチョンミート(缶詰の豚肉加工品)などがゴチャゴチャと入った、ボリュームのあるものに姿を変えてしまっています。

 チャンプルーは、何といっても手軽に作ることができ、そのうえ野菜も肉もいろいろ入れて一品で多くの栄養が摂れることから、現代の沖縄家庭料理の代表的な主菜となったのでしょう。

 しかしねかつのシンプルなチャンプルーの味を知っている私としては、油をたっぷり使い、肉類が入ったボニュームたっぷりのチャンプルーが気になって仕方がありませんでした。これでは脂肪の摂りすぎ、こんなものを食べ続けていると病気になってしまう、と気が気でならなかったのです。

 そうした折、それまでずっと全国で5位以内にあった沖縄の男性の平均寿命が、平成12年に26位に転落してしまいました(通称 「26ショック」)それは、長寿食といわれている沖縄の食に対しても赤信号が発せられたのだと受け止めました。

 時代の変化とともに食生活が変わっていくのは仕方のないことです。しかし、食事は健康な体をつくるもの、それを忘れてはいけません。

 かつてのシンプルな味付けから、どんどん脂肪が増える一方のチャンプルー・・・・。沖縄の栄養状態を大きく左右するのは家庭料理の主菜であるチャンプルーにある、チャンプルーを見直せば再び沖縄に長寿を取り戻すことができると直感し、チャンプルーのかたちを改めて考えてみようと思い立ったのです。

 この本では、多くの人になじみの深いレシピに加え、望ましいチャンプルーとはどういうものかを追求してみました。手軽で栄養価が高いというチャンプルー本来のメリットを生かし、健康にいいチャンプルーを伝承していきたいという願いをこ込めてご紹介します。


  • チャンプルーとウチナーごはん<img class='new_mark_img2' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons51.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />
  • チャンプルーとウチナーごはん<img class='new_mark_img2' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons51.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />
  • チャンプルーとウチナーごはん<img class='new_mark_img2' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons51.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />

チャンプルーとウチナーごはん

2,000円(税込2,160円)

定価 2,000円(税込2,160円)

購入数

商品レビュー

レビューはありません。

営業日カレンダー

2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2017年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
営業時間9:00-17:00

定休日 土・日曜日、祝祭日

モバイルショップ